口腔外科

口腔外科

抜歯(虫歯、グラグラの歯、親知らず)、歯牙移植、再植、小帯形成術、歯根端切除術etc

親知らずの抜歯

親知らず

親知らずとは第三大臼歯の俗称で、一番奥の歯です。生えてこなかったり、ない場合もあります。基本的に一番最後に生えてくるので、十分なスペースがなく正常に生えてこられない場合が多いです。その為に、正しいブラッシングが出来なかったり、歯肉が被っている為に虫歯や周囲炎になりやすくなります。また横向きに生えている、埋まっている事があり、隣の歯に圧をかける為、歯並びに影響することもあります。


親知らずの問題点

1.歯茎が腫れる
親知らずはブラシが届きにくく磨き残しが多いと、不潔になり歯茎が腫れたりしやすいです。放ったままにしておくと手前の健康な歯をも失うことがあります。
2.虫歯になる
ブラッシングが難しいため親知らずが虫歯になりやすいのはもちろん、手前の歯が虫歯になることがあります。
3.歯周病がすすむ
ブラッシングが難しいため歯肉炎から気づかないうちに手前の歯が歯周病になることがあります。
4.下の歯茎を噛んでしまう
歯は接触する所まで出てくる性質があります。上の親知らずの場合は下の歯と咬んでいないと下の歯茎を咬みこみ、傷を作ってしまうことがあります。
5.歯が前に倒され、歯並びが悪くなる
真っ直ぐ生えていない親知らずに手前の歯が押されて歯並びが悪くなることがあります。かみ合わせが悪くなり、顎関節症や体のバランスが崩れることがあります。

完全に親知らずが埋まっている、きれいに生えていて噛み合わせにも問題がない場合は無理に抜く必要はありません。移植のドナー歯として使える可能性もあります。

親知らずの抜歯の際の注意点

痛みや炎症が強い時にはすぐに抜歯できません。痛みや炎症を薬などである程度抑えた上で抜く必要があります。

親知らずの根っこが神経に近い、もしくは接している場合があります。その際に無理に抜歯し、神経に傷をつけると神経の麻痺などの障害が起こることがあります。神経の位置を正確に把握する為に通常のレントゲンに加えて、必要な場合はCT撮影をおこなうこともあります。

親知らずの抜歯時期

18才から21,22才くらいが一番いい時期です。これ以降は根っこが完成してしまい抜歯の難易度が上がります。また神経と接する確率も上がってしまいます。治りも早く、他の歯に対する影響も考えるとこの時期が最もいい時期でしょう。

もちろん、これ以外の時期でも抜歯できますし、抜歯の必要がある場合は年齢は関係ありません。