小児歯科

小児歯科

当院の小児歯科について

当院の治療方針

歯科医院としての子どもに対する責務は、「子どもたちを虫歯・不正咬合(悪い噛み合わせ)から守る」ことであると思っています。お母さんたちは子どもを乳幼児の頃からむし歯にさせたくない、歯並びを良くしたいという希望をもって歯科医院の通院を始められることがほとんどです。理想は、定期的に通院していただき健康な状態を維持し、一度も治療をすることなく永久歯の歯並びを迎えることです。たとえ治療が必要になったとしても、適切な時期に、最小限の処置でとどめることが重要であると考えています。
うえだ歯科医院では、矯正治療を希望されて来院されたとしても、すぐには矯正治療を開始しないことがあります。むし歯になりやすい環境の口の中に、矯正装置を入れることは非常に危険だからです。最初に虫歯の処置、もしくは適切な歯磨きが出来る状態になってから始めます。
また、様々な研究結果からも口の健康を維持していくことは、全身の健康維持に大きくかかわることは明らかです。その出発点は子どもが健全な永久歯列を獲得させることです。それが私たちの責務であり、目標であると確信しています。

虫歯予防(フッ素塗布とシーラント)

フッ素

フッ素は歯質を強化し、再石灰化を促進し、虫歯菌を寄せ付けにくくします。
定期的に年2~4回程、歯科医院にて塗布します。

シーラント

奥歯の歯の溝は汚れが詰まりやすく、虫歯になりやすい場所です。
そこにシーラント材を詰めて物理的に歯ブラシが当たりやすい表面にします。
またシーラント材に含まれるフッ化物により、再石灰化を促す効果もあります。

健全な永久歯列への移行

小児歯科のもう一つの重要な目的に健全な永久歯列の獲得があります。乳歯列、混合歯列期から定期的な歯並び(噛み合わせ)の経過観察を行い、健全な永久歯列へ移行できるよう見守る必要があります。
健康な永久歯列は審美面のみならず、将来的に全身の健康維持、歯の保存にも大きく寄与すると考えられています。