歯周病治療

歯周病治療

歯周病の治療について

歯周病とは?

『歯茎が腫れた』、『歯茎から出血する』、『歯がグラグラする』、『口臭がする』などの症状がある場合は歯周病
の可能性が高いです。

歯周病とは歯と歯茎の隙間に歯周病菌が入り込み、歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かしていく恐ろしい病気です。
成人の8割が程度の差はあれ歯周病であると言われています。

虫歯は年を取るとなりにくくなりますが、歯周病にはなりやすくなります。

歯周病の原因

歯周病菌が歯についた食べかすと結びついてプラークになります。このプラークが歯磨き等で除去できずに残った
ままでいると唾液中のリン算やカルシウムと結びついて歯石になります。

歯周病菌は酸素が嫌いなために、プラークという細菌の集団と歯石をつくりながら歯茎の奥へと進行していきます。
こうして歯茎が歯から剥がれ、炎症を起こして腫れていきます。こうなるとかなり重症です。

しかし症状になかなか気付かず、気付いた時はかなり重症化していることが多いです。

歯周病の進行度

軽度歯周病

軽度歯周病

症状 歯周ポケットにプラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌が繁殖している状態。初期の歯周病で症状を実感しにくいですが、歯肉に軽い炎症が起き、歯肉の腫れやブラッシング時などに出血が見られます。
治療 軽度歯周病の場合、歯科衛生士によるブラッシング指導、数回のクリーニングなどを行うことにより、回復することが可能です。

中等度歯周病

中等度歯周病

症状 出血や口臭がひどくなり、歯石もかなり着いている状態です。歯周病菌により骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯のグラつき、違和感を感じるようになります。
治療 歯の表面や歯周ポケットの歯石を取る治療が必要があります。歯石を除去し、歯肉の状態が改善された後に再検査を行い、歯周ポケットの奥にまで歯石がついている場合には、外科手術により除去するケースもあります。

重度歯周病

重度歯周病

症状 歯肉の腫脹や化膿が認められ、骨もかなり破壊された状態です。歯のグラつきもかなり大きくなっています。
治療 重度の場合、歯周外科にて治療する可能性が高くなります。治療が手遅れな場合には、抜歯の可能性もあります。


プロによるスケーリング、PMTC

PMAX

歯周病治療の基本はクリーニングによる歯石、プラークの除去です。薬などで一時的に改善することもありますが根本的には、歯周病菌と結びついたプラーク、歯石の徹底的な除去が重要となります。一度、歯石になってしまうとご自身のブラッシングだけでは除去できません。

また歯周病は再発しやすい病気です。日頃のセルフケアが重要になります。正しい歯磨きの仕方を衛生士が指導します。この日頃のセルフケアに加え、定期的な歯科医院での歯石取り、プロフェッショナルクリーニングが大事です。

歯科医院での定期的な歯石取り、クリーニングを受けましょう。