虫歯治療

虫歯治療

虫歯の治療について

虫歯の原因

虫歯とは、虫歯菌がつくる酸によって歯のカルシウムが溶けている状態のことです。

実は、歯は虫歯菌によって溶かされるだけでなく、自然にも溶けています。これを、「脱灰(だっかい)」といいます。 その一方で、歯が唾液中のカルシウムやリンを取り込み、失ったカルシウムを補充します。これを「歯の再石灰化」といいます。

健康な状態では「脱灰」と「再石灰化」の力は拮抗しています。
しかし、歯を磨かないでいると、自然な脱灰にプラスして虫歯菌による脱灰が起こり、バランスがくずれて虫歯になってしまいます。

虫歯にも段階があり、初期の段階ですぐに治療を行うことが重要です。

虫歯の段階

虫歯の段階には5段階あります。それぞれ、CO、C1、C2、C3、C4と言う呼び方をします。
「C2」の段階以下ではほとんど自覚症状ありません。

とくに「CO」は、これが本当にむし歯かどうか悩むくらい見た目にはわからず、しばらく様子を見て、むし歯になるか観察する必要があります。ちなみにこれは「CO(シーオー)」と呼びます。この「O(オー)」は「Observation(オブザベーション)」、つまり「要観察」という意味です。

虫歯の進行段階

段階が進んだ時点での治療になると、費用も回数も掛かります。また歯の寿命が間違いなく短くなります。
なるべく早い段階で治療ができるように定期的な検診をうけることをお勧めいたします。